【麻布十番】アンチエイジングのために…抗糖化対策

query_builder 2021/11/18
ブログ
A2A944CD-DEC0-4C21-A7F3-9DD65B187386

【麻布十番】リフレクソロジー専門店

Thumbelinaオーナーセラピスト

上原あづさです♪


こんにちは。いつもブログを開いてくださり、ありがとうございます。


前回、「糖化」「AGE」とは何か

についてお伝えしました。


さて、では何を意識すれば良いのでしょうか。

結果からお伝えすると…


抗糖化対策=よく噛んでゆっくり食べる

なのです!


さて、歳をとると起こる病気の原因が、『AGE』。

「糖」と「たんぱく質(アミノ酸)」がくっついた状態です。


健康でいるためには、まずこの

「AGE」を溜めないような生活をする
事が大切です。


今回は、
【体内でAGEが作られにくくなる生活】

つまり、

【抗糖化対策】
のためにできることは

以下4つのポイント、
1.ゆっくり食べる
2.野菜や果物を先に食べる
3.低GI食品を食べる
4.腹八分目
の1つ、ゆっくり食べることについてお伝えします。


■ゆっくり食べることはどうして良いの?
炭水化物などが消化器で分解されて「ブドウ糖」になります。
このブドウ糖が血中に出て、栄養として全身にまわり、色々な代謝に使われますが、

血糖値が150以上に上がった分は、[余分な糖]として、脂肪になって蓄積されたり、血糖値が高い状態が長い時間続くと、血管とか、網膜とか、心臓とか、脳細胞とか、

体のあらゆる細胞のたんぱく質と結合してAGEとなり、蓄積します。


ということは、
▪️血糖値が高くならなければ良い

あるいは、

▪️血糖値が高い状態が長くならないようにすればよい、という事です。


①食後30分~1時間後の血糖値(一番血糖値が高くなる時間)
②普通に食べた時の血糖値

③よく噛んだ時の血糖値


を比べてみると、
③の噛んだ時の方が2/3になります!


40回以上噛んだ時のデータです。
よく噛むなんて、誰でもタダでできる事なのに、
こんなに効果があるなんて、すばらしいですよね。



次回は、

アンチエイジング、ウェルエイジングに良い、

つまり[抗糖化対策に良い調理]の仕方についてお伝えしたいと思います。




リフレクソロジーは癒しとデトックスの入り口

【麻布十番】駅近2分

リフレクソロジー専門店Thumbelinaへ



記事検索

NEW

  • 「安眠」のために「ふくらはぎ」のケアを

    query_builder 2022/04/27
  • 快眠は「ふくらはぎ」から

    query_builder 2022/04/09
  • query_builder 2022/03/27
  • 幸せホルモン「オキシトシン」

    query_builder 2022/03/09
  • サンベリーナのアプリができました!

    query_builder 2022/02/23

CATEGORY

ARCHIVE